医者

年々疾患者数が増えているうつ病【一度診断を受けてみよう】

  1. ホーム
  2. 自分の人生を生きましょう

自分の人生を生きましょう

メンズ

正しい知識が必要です

うつの診断をしてくれるのは精神科、心療内科といった病院です。精神的な不調は目に見えにくいこともあり、発見が遅くなってしまうと言うのも特徴です。そこで少しでも気になる点があったら自分から受診をすることがとても大切と言えます。うつの診断が下ることで自分が今どんな状態に置かれているのかを知ることができます。うつには休息が必要です。場合によっては薬を用いた治療を始めることもあります。その選択をできるのもきちんと診断名がついてからになるので早めの受診が好ましいと言えます。一例として職場のストレスで発症した場合、きちんと診断書を提出することで仕事を休める期間が変わってきます。ただ欠勤を繰り返しているとやはり会社側への心象はよくありません。しかしきちんと診断が下りて、会社に示すことで今後の改善がなされる可能性も高くなります。何より自分のために休む時間を確保できるのがきちんととれるというのは大きな利点です。周りもどう接すればいいのか分からないところから一歩踏み出せます。そうして変わっていくことで病気の症状も徐々に快方へと向かっていくように進めて行けるようになります。まさか自分がという気持ちが強く表れる場合もありますが風邪と同じようなものと捉え、正しく対応して行けるように病気と向き合っていきましょう。うつのうつの診断といっても具体的にイメージできない方が多いかもしれません。まずは精神科や心療内科に予約の電話を入れます。その時に電話口で今現在の症状を尋ねられる可能性が高いので電話をする前に書き出しておくと安心です。その他自分が受診できそうな日をいくつか挙げておくと安心です。今精神科や心療内科はとても混みあっています。予約もなかなか取れないことも少なくはありません。病院側もなるべく早い日を指定してくれるのでそこに合わせるか、もしくは自分が絶対にこの日しか無理だと伝えるようにしましょう。当日は予約時間の少し前には到着することが好ましいです。到着次第、問診票を渡されます。病院によっては事前にホームページからダウンロードできることもあるので落ち着いて記入したい、人がいると気が散ってしまうなどの理由がある時には家で記入を済ませたものを提出しましょう。内科などと一緒で順番に呼ばれます。診察室では問診票を元に自分自身のこと、家族のことや成育歴を聞かれることもあります。答えられない質問には無理に答えなくていいのでそう伝えましょう。その後、血液検査や脳波の検査がある病院も存在します。そこは予約時に尋ねると答えてもらえます。それらすべての情報を総合してうつの診断が始まります。