女の人

年々疾患者数が増えているうつ病【一度診断を受けてみよう】

自分では気づきにくい病気

ハート

うつ病は、他の病気のように検査の数値からわかる病気ではありません。専門医の診察を受けて診断してもらうことが重要です。自分で気づきにくい病気ですので、ストレス診断の利用や周囲の人間からの指摘などがあったら、専門医に診てもらうことが大切です。

自分の人生を生きましょう

メンズ

うつと診断されることは自分自身を知ることにも繋がります。気になる症状がある時は念のために診てもらうという気軽な感じでも受け入れてもらえるので問い合わせからはじめてみましょう。今抱えている問題を解決する糸口になるかもしれません。

増加傾向にある病気です

ドクター

早期対応が重要です

インターネットの急速な普及により不特定多数の人とのコミュ二ケーションができる上に必要な知識や情報をその場で取得する事が可能です。高度に発達した情報化社会は便利な生活環境を実現しています。しかしその反面、社会構造の急激な変化は人間関係を複雑化させ、ストレスの生じやすい環境も作り出しています。職場や家庭の至る所にストレスの原因となる出来事が存在します。ストレス耐性が低下した人が更に過剰なストレスを重ねて受け続ける事で心を病んでしまう場合があります。心の病を患う人の数は年々増加し、今や400万人を超えています。精神疾患の種類は数多くありますが、中でもうつ病と診断された人は100万人と多くを占めています。うつ病の症状が重症化すると仕事だけでなく、日常生活も困難になります。初期段階で治療を開始する事ができれば、回復までの期間も短縮する事ができます。早い人なら数週間から3ヶ月程度で普段の生活に戻る事ができますが、対応が遅れると数年間治療を受け続けなければならない人もいます。うつ病はくり返し患う事の多い病気です。自覚症状があれば、できるだけ早く専門医による診断と治療を受ける事が必要です。心の病を扱うのは精神科や心療内科です。まずこれ等の医療機関を受ける事が先決ですが、迷った場合にはかかり付けの医師に相談してみるのも良い方法です。適切な医療機関を紹介してもられるので安心です。うつ病と診断されたら、いくつかの種類の治療を受ける事になります。うつ病と診断されたからと言って悲観する必要はないです。周囲の人達との協力を得られれば、短期間で社会復帰する事ができます。精神科という診療科目に対して偏った見方をする人が多い時代もありましたが、今では風邪の治療を受ける様に気軽に利用できる場所として認識されつつあります。精神科では薬物治療が中心となります。かつて頻繁に使われていた抗うつ剤や抗不安剤には強い副作用があります。しかし新しく利用される様になった薬の多くは、殆ど副作用を感じずに高い効果を得られるのが大きな特徴です。仕事や日常生活への影響を最小限に抑えて治療を続ける事ができます。更に薬物療法の他にも各種心理療法を受ける事ができます。中でも高い治療効果があるのが認知行動療法です。自ら生じさせる自動思考に気づき、バランスの良い考え方に変えていくのが主な手法です。人によっては薬物療法と同等の効果が得られる上に長い効果を持続できるのがメリットです。駅前の通り沿いや繁華街の中に精神科や心療内科という診療科目を標榜している開業医を見かける事があります。中には病院とは思えない程に明るい雰囲気にしている所もあるので、入りやすい所を選んで利用する事ができます。

対応が重要な精神の病

看護師

精神的な病は特別な治療を行うので、原因を特定して適切な形で治さなければいけません。うつの診断を受ける場合は原因を説明しやすくできるように、どのような理由があるのか情報を集めておくと良い形で対応できます。

医師への相談が必要です

婦人

うつの症状が出ている場合、専門医に診てもらう事で、早めに治療を始められます。診断の結果、一人一人に合った治療を進められますし、相談できる環境がある事や睡眠の質を高めるための生活習慣改善も必要になります。